沿革

学校沿革

 

 昭和34年4月1日

 

 東京都立大山高等学校(定時制)が東京都板橋区栄町6番地、

 東京都板橋区立第九小学校内に設置される。

 昭和37年4月1日  鈴木一郎、校長に補せられる。

 昭和38年3月26日

 

 校地を東京都板橋区茂呂町3380番地に定め移転を完了する。

 第一期校舎建築工事完了。教室25。(3,104m2)

 昭和38年4月11日  全日制第一回入学式挙行。
 昭和38年12月21日  第二期校舎建築工事完成。教室22。(2,968m2)
 昭和40年1月17日  第三期校舎建築工事完成。教室7。(1,795m2)
 昭和40年5月1日  学校所在地を板橋区小茂根5丁目18番1号と変更する。

 昭和40年9月28日

 

 全日制課程完成校舎落成記念式典を挙行。(豊島公会堂)

 校歌制定。(土岐善麿氏作詞、中田喜直氏作曲)

 昭和41年3月9日  第一回卒業証書授与式挙行。(文京公会堂)
 昭和41年6月12日  同窓会設立総会。(板橋区民館)
 昭和42年3月10日  体育館建築工事完成。(825m2)
 昭和43年1月30日  文化部室建築工事完成。

 昭和43年4月1日

 

 校長・鈴木一郎、東京都立桜町高等学校長に転補せられ、

 小笹彰二、校長に補せられる。

 昭和43年4月6日  都水道の導入工事完成。(通水開始)
 昭和46年4月2日  運動部室建築工事完成
 昭和47年5月1日  新図書館完成。
 昭和48年3月31日  プール建設工事完成。
 昭和48年4月1日  校長・小笹彰二定年退職され、本山義則、校長に補せられる。
 昭和48年9月25日  全日制開設10周年記念式典を挙行。記念誌発刊。

 昭和51年4月1日

 

 校長・本山義則、東京都立南多摩高等学校長に転補せられ、

 堀江徳宝、校長に補せられる。

 昭和54年4月1日  校長・堀江徳宝定年退職され、御厨良一、校長に補せられる。

 昭和57年4月1日

 

 校長・御厨良一、東京都教育庁人事部管理主事に転補せられ、

 東京都公立高等学校長・木村辰夫、校長に補せられる。

 昭和57年8月31日   臨時増学級に伴う増改築工事完成。
 昭和58年9月22日  全日制開設20周年記念式典を挙行。記念誌発刊。

 昭和60年4月1日

 

 校長・木村辰夫、東京都立江北高等学校長に転補せられ、

 高橋定夫、校長に補せられる。

 昭和62年9月1日

 

 格技棟建築工事完成。(9月5日 竣工記念式典を挙行)。

 体育館改築工事完成。

 昭和63年4月1日  校長・高橋定夫、定年退職され、菊地堯、校長に補せられる。
 平成3年4月1日    校長・菊地堯、定年退職され、岡本裕之、校長に補せられる。
 平成4年11月21日  全日制開設30周年記念式典を挙行。記念誌発刊。
 平成6年1月25日  平成6年度校舎改築校に決定。
 平成6年4月1日  新教育課程へ移行。新しい校服着用始まる。(新入生より)
 平成6年9月1日  校舎改築基本設計始まる。
 平成7年1月26日  推薦による入学選抜始まる。

 平成7年4月1日

 

 校長・岡本裕之、東京都立三田高等学校長に転補せられ、

 井平耕作、校長に補せられる。

 平成7年12月6日  校舎改築の為、仮設校舎に移転完了。
 平成8年4月25日  新校舎起工式。
 平成10年2月13日  新校舎工事完成。
 平成10年3月18日  新校舎に移転完了。
 平成11年4月1日  校長・井平耕作、定年退職され、村岡薫、校長に補せられる。

 平成15年4月1日

 

 校長・村岡薫、東京都立江北高等学校長に転補せられ、

 山野井髙男、校長に補せられる。

 平成15年10月4日  全日制開設40周年記念式典を挙行。記念誌発刊。
 平成20年4月1日  校長・山野井髙男、定年退職され、久永哲雄、校長に補せられる。

 平成22年4月1日

  

 校長・久永哲雄、東京都立富士高等学校・附属中学校長に転補せられ、

 熊谷通眞、校長に補せられる。

 平成25年4月1日

 

 校長・熊谷通眞、東京都立稔ヶ丘高等学校長に転補せられ、

 小山秀高、校長に補せられる。

 

平成26.5.26更新 

 

〒173-0037 東京都板橋区小茂根5-18-1
電話 : 03-3958-2121 ファクシミリ : 03-3959-8591
E-mail : S1000079@section.metro.tokyo.jp